駐車場の失敗があります

新築をつくる時に、家本体のことが気になりその外の部分についてなんとなく後回しになってしまうことがありますね。その時は気づかないものの、後から失敗したと思うことがあります。特に家の中のことよりも、外のほうが多いのではないでしょうか。その失敗の一つとして駐車場があります。駐車場は、車を持っている人なら必ず付ける設備です。しかしその駐車場を失敗してしまったと思うことが多くなっています。ここでは駐車場について、どんな失敗があるのかお話します。

・狭すぎた
駐車場の失敗としてまず上がるのは、なんと言っても狭いと思う事です。広いと思うことに関しては、失敗と思うことはありません。それは広いことで、使いやすいからです。ところが狭いと、使いにくさを感じてしまうことになり失敗したと思ってしまうのです。
狭いと、車を駐車する時に何度も注意が必要となりますね。その時、かなりのストレスになります。ストレスを感じることが毎日となるので、それは大変です。

・汚れやすい
駐車場は、毎日使う場所なのでそれだけでも結構汚れがつきやすくなります。ほこりが付くこともあるし、雨による汚れもあります。その都度落とすことはできないので、まとめて掃除をすることになりますね。その時、汚れやすいところだとなかなか終了させることができません。
特に汚れてしまうのは車を駐車する下の部分です。コンクリートだとそんなに汚れないと思うこともあると感じますが、それは大きな間違いです。とても汚れることになります。シミが付くこともあるし、汚れが取れないこともあります。

・カビが繁殖する
駐車場でよくあるのは、外にある部分なのでカビが繁殖してしまう事です。雨にそのまま濡れる箇所は、特にカビがつきやすくなります。家の中だと、たびたび掃除をするので付きにくくなっています。ところが外の場合は、そのことをたびたび行うことができないのでより目立ってしまうのです。
カビが目立たないタイルなどにするといいかもしれません。